適度な運動の必要性|産婦人科選びが重要|母子を守る最善策が此方

産婦人科選びが重要|母子を守る最善策が此方

適度な運動の必要性

女の人

体重管理に役立つ

妊娠中は、食べづわりなどで体重が増加してしまう人も少なくありません。体重増加は妊娠中において自然なことですが、それも適性の範囲内の場合に限られます。理想の体重増減は8kgから12kgの範囲と言われ、それ以上増加してしまうのはさまざまなリスクを伴うおそれが出てきます。過剰な体重増加は、高血圧や高血糖、そして難産になってしまう傾向があるからです。そのために、産婦人科では妊娠健診のときに体重を毎回測定してもらい、いき過ぎた増加がある場合は適切に指導がされます。この体重管理で効果的なのが、妊娠中でも問題のない運動です。食事の管理も大切ですが、運動でも体重管理は目指せます。妊娠中でも特に影響のない運動には、ウォーキングやマタニティビクス、そしてマタニティヨガがあります。マタニティビクスやマタニティヨガに関しては、産婦人科で教室を行っているところもあるぐらいです。適度に体を動かすことでストレス解消にもなり、消費カロリーアップにもつながります。

安産に向けた対策

妊娠中の運動は、体重管理の他にも出産に向けた体作りにもいい影響があります。出産は、想像以上に体力が求められます。赤ちゃんを出すために力む必要があり、それを維持するためにたくさん呼吸をしなければいけません。このようなエネルギーが必要となるので、出産前に食事が勧められる場合も多いのです。運動はこういった面での体力作りに影響し、筋肉強化にもなるので分娩台での姿勢も無理なく保てます。他にも、産後も赤ちゃんのお世話で動き回ることが多いため、体力がないと非常に辛いです。このときに適度に鍛えられた体が育児に効果を発揮し、産後の体力回復にも関係してきます。運動は基礎代謝が高くなるので、産後は痩せやすくなる特徴もあるのです。産婦人科では予定日を超過しないためにも出産間近に体を動かすように勧めてくるところも多くあり、適度な運動は安産を促す効果も期待されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2016 産婦人科選びが重要|母子を守る最善策が此方 All Rights Reserved.